FC2ブログ

架空創造地図描画日記2020[No.6591]

 普通列車を3日間も乗り続けるのはさすがにだるい。今は新幹線の中だが、自由席でも名古屋から東京までで1日分の給料が飛ぶ。新幹線が高いのか給料が安いのか?それは知ったことではないが、ここでケチったとしても、休日ダイヤは平日より終電が早い。不測の事態が発生して、ネットカフェに入るなんてことになったら大差無いだろう。
 今回の年跨ぎ遠征は初の試みだったが、伊勢神宮参拝も前例が無かったので、事前に全く準備をしていなかった。そこはビギナーズラックを狙ったことにしておこう。誤算によりよる課題は色々挙がったが、次回があるかどうかは未定である。令和2年がどんな年になるのやら?それは神の味噌汁である。
 ところで、かばんの中に白紙の年賀状の束があるのだが、かくいうわけで家に帰ったら書くのでめんぼくない。

架空創造地図描画日記2020[No.6592]

 今日からはいつもの正月に戻ったと思ったら、おせち料理もろくに食べてないではないか…。何でも消費期限が昨日までということで、先に食べられてしまったらしい。黒豆や煮物は毎年家で作っているので、それだけで十分か…。餅は昨日買ってきた赤福で済ませた次第だが、雑煮が無いと物足りない。やはりイレギュラーなことをするとどうにも調子が悪い。とりあえず一度やってみたかったお伊勢参りの目標は果たせたので、来年は普段通り家に居るとするか…。
 かくして普段通りに家で駅伝を観戦していたわけであるが、毎年我が母校は微妙な順位でシード権を争っているので、出場しているだけで安心する。さて、この辺で創作ネタでも書くとするか…。今年の中継は5区に入ったら画面左下に勾配と標高が出ているではないか。国道1号は平均でも6%ぐらいのハートブレイクな急勾配が続くようだが、局地的に20%に近い掟破りの勾配もあるらしい。実際に通ったこともあるが、確かにそんな感じもする。

架空創造地図描画日記2020[No.6593]

 地図の描画作業がぼちぼち再開された。そしてずっと課題になっていた地形設定の作業速度向上だが、現在新たな方法を試しているところである。
 以前からずっと思っていたことだが、地形設定は等高線が入り組んだ山岳地帯よりも、海岸から100m未満の平野部の方が難しいのである。作業量は圧倒的に前者の方が多いのは当然だが、後者は最初の地形設定の画像がまっさらな0mの配色なので、新たに色を塗る必要は無い。それなのに何故難しく感じるのか?
 内陸に窪地を設定しない限り、この領域は海岸線に接するのが自然の摂理である。そこから100m上がった領域を設定する場合、そこでまったりした台地状になるか、いきなり急峻な山地になるか、又はその中間的な丘陵になるか…? いずれかにほぼ決まってしまうのである。当初の計画から予期せぬ方向へ行ってしまうことも多いので、描き直しも多発している。

架空創造地図描画日記2020[No.6594]

 18があと1回残っていたので、日帰りで遠征することになった。東京近郊の自治体がコンプリートされつつあるので、徐々に遠くへ行かざるを得なくなっている。今日は家から普通列車で5時間ほどかかる場所だったが、さすがに効率が悪いので往路は新幹線を使った。でもやはりでかい投資である。
 ここは政令指定都市だが、県庁所在地ではない。自治体コンプリートの自分ルールでは、すべての区へ行くことになっている。既に行っていた区は免除されて、残りは全部行くことはできたが、途中で踏切事故のとばっちりを食らって5km歩くことになるとは…。今年も相変わらず運が無いらしい。

架空創造地図描画日記2020[No.6595]

 平均的な国民は明日から今年の仕事始めだろうが、幸い当局でも今年はそれに該当することになった。いつもはあと1週間ぐらい仕事が無いのが普通なのだが、珍しく人並に稼げるのだから有難いことである。
 しかしながら、架空地図の描画作業に費やせる時間が例年よりも減ることになった。しかも年末のドタバタの影響が年始にも残っていて、今日になって大掃除をしたという有様である。それもろくに片付かないまま、結局夜になってしまった。
 やれやれ、今年も何だかんだでゴタゴタな忙しさになりそうである。1秒でも長くPCに向かって作業をしたいのだが、家に引きこもり続けるのも健康によろしくないので、適度に外へ出ないことには病んでしまいそうである。今週は週休2日でほとんど家に居ないので、それに関しては強制的に達成できるだろう。

架空創造地図描画日記2020[No.6596]

 今年もモバイルPC持参で出勤である。晴れていたので外のベンチで作業してみたものの、やっぱり寒い。ていうか、モニターが光ってしまうので、結局日陰に入らないと作業ができないではないか…。遠征では惜しみなく投資しているというのに、コーヒー1杯ごときをケチるようでは、まだまだ修行が足りない。
 ところで、カフェではモーニングというのが普通にあるものだが、外国ではあれが平均的な朝飯だというのか?牛丼屋の朝定食で御飯大盛にしてちょうどいいぐらいなので、トーストとコーヒーでは昼まで持つわけもないのだが…。家で5時前に朝飯を食べて出勤するので、おやつ程度にはなるか…。

架空創造地図描画日記2020[No.6597]

 東京都心は相変わらず人間だらけで、通勤電車はうんざりする。だが、湾岸の埋め立て地まで来れば、作業員以外の人間はほとんど居ない。
 人間が居ない代わりに野鳥は多い。今日も草むらでは小鳥さんの群れがひっきりなしにさえずっている。……。ツイートって単語は、さえずりって意味だろ?てことは、ツイッターってのはピーピー鳴いている小鳥の群れってことか?もしあれを人間の言葉に訳したならば、暇人によるインターネットのたわいのない書き込みと同じってことか…!?
 一方、とある道路のガード下には野良猫が複数匹住み着いている。野良猫とはいえ餌付けされているらしい。人間がここを通ればガン見するものの、ただそれだけである。猫好きな人間にとっては面白い場所だろうが、作者は仕事中だし、猫には特に興味無い。…で、ここの住民は普段どんな会話をしているのやら?そもそも年齢や性別はいかほどか?外見が可愛いからといっても、毎年見ているわけだし、永遠の少年少女なわけがあるまい。所詮は野良猫なんだから、大都会の路上の片隅で飲んだくれているオヤジ連中と変わらないのではないか?
 ああやれやれ、我ながら何てシュールな話なのだ…。だけど何だかんだでここは東京都区内である。そんな人間ばかり集まっているのを想定するならば、動物も同様なのではないかと想像してしまうのである。

架空創造地図描画日記2020[No.6598]

 ただでさえ忙しいのに、TVアニメは年4回の新番組ラッシュである。今まではワンセグに録画して色々な場所で観ていたが、毎回録画予約が必要で、画質もよくなかった。その端末も昨年壊れてしまって代替手段を探していたが、従来より高性能の方法が確立された。
 ざっくり言えば、それはリモート視聴である。最新のブルーレイレコーダーには標準で付いているようだが、当然高価だし、まだDVDレコーダーは現役である。
 当局が採用した設備はTVチューナーのみの機器である。他に何も付いてないので、レコーダーやTVを買うより安い投資で済んだ。だけどそんなものをどうやって使うのか?これに関しては別売のTVアンテナと外付けHDDと家のLANルーターをつないで、後は電源を入れておけば設置完了である。

架空創造地図描画日記2020[No.6599]

 …で、そのHDDに番組を録画するとして、一体どうやって観るのか?視聴できる端末の条件だが、モニター画面は当然として、後はWi-Fiさえ使えればよい。端末にチューナーの有無は関係無いのが重要なところで、スマホでもタブでもPCでもOKである。もちろんLANルーターに直付けのデスクトップPCでもよい。機器の設定や録画予約はすべて端末側で行うわけだが、リモート視聴するには、あらかじめ機器をつないだLANルーターの回線で両者をペアリングしておく必要がある。
 これで機器とLANルーターを常に起動しておけば、予約通りに番組が録画されていく。それをWi-Fiにつながっている端末ならば、全国どこからでも視聴することができる。更に録画せずとも、リアルタイムでTV番組を視聴することもできる。地方遠征でネット局が貧弱な田舎でも、普段の家のネット局の番組が映ってしまうのである。
 てことは、地方の人が東京に住む人の家に自分の端末を持っていってペアリングするなんてこともできるのでは?理論上可能かもしれないが、設定を変えたりするだけですぐリセットされてしまうし、他にも細かい制約があるらしい。その辺は当局も関知できないので悪しからず。言い忘れたが、機器本体にはD-casカードを挿す必要がある。

架空創造地図描画日記2020[No.6600]

 新年から忙しくてドタバタなので、創作に時間を回すことが全然できていない。架空地図の作業ができない間は、スマホで色々なことをやっていた。
 水面下で地味に続いているのが、全国自治体踏破の挑戦である。さてどのくらい進んでいるのか?今まで数値を出したことは無かったが、今回初めて計算してみた。
 全国47都道府県に散らばる自治体は792市743町183村+東京23区で、総数は1741。但し、政令指定都市内の区はカウントせずに1つの市とする。当局が定めた踏破の条件は、同時運営の標識サイトにて、自治体内にある都道府県道番号標識又は代替画像を1つ以上掲載することで1カウントとする。…で、実際に数えた結果やいかに?
 今まで踏破した自治体の総数は471、踏破率は約27%という結果が出た。てことは、全国の1/4を超えた程度で、思ったほど高くないか…。全部踏破したのは埼玉・神奈川・富山・石川・福井の5県。一方でまだ1つだけの県が8つもあって、すべて四国と九州に集中している。関東近県の踏破率は高めだが、東京は最高難易度の島嶼が全部残っているので、コンプリートは遠い。今年はまずは千葉か静岡辺りを狙うか…。

架空創造地図描画日記2020[No.6601]

 仕事が一段落して、今更ながらようやく新年を迎えたような気がする。多忙のせいでレコーダーのHDDには新作アニメが積み上がっていると思われるだろうが、ほぼ消化し切れている。前述の視聴環境の強化による効果が出たわけだが、それでも同じ時間に複数の新番組がかぶると録画し切れない。それは今日のうちに全部片付けて、ようやく録画予約のやり繰りが付けられた。
 最近では時間の都合もあって、週20本程度に絞り込んで録画本数も減らしていたが、今回のクールはそれが困難である。いかんせん数が多いのは毎度のことにせよ、切るに切れない面白そうな作品が多いため、週40本程度が避けられない状況になってきた。録画を残す場合は別の放送局でバックアップも取っているが、他の作品とかぶって無理という事態にもなっている。特に木金土にかけての作品数があまりにも多過ぎるので、別の日に振り分けなければ1日では消化できない。更に、新番組だけでなく昔の名作の再放送も立て続けに始まったので、そちらもつい録画してしまうではないか…。

架空創造地図描画日記2020[No.6602]

 ようやく地図の描画作業が再開したが、家のPCのマウスの調子が悪い。ネズミ年は関東無いとはいえ、新しく買い換えることになった。
 今更マウスなんて、秋葉原や量販店にでも行けば、ワゴンに積まれているような物である。だけど細かいドット打ちには不可欠だし、長く使うものなので、妥協はすべきではない。さてどうする?
 ボタンの数は左右とホイールがあればいいとして、問題はコードの有無であった。モバイルPCではBluetoothのマウスを持ち歩いているので、まずはそれを使い回す案が出た。となると、デスクトップでBluetooth機器を使える設備が必要になったので増設したが、動作がぎこちない。最小限の投資でケチったせいもあるが、どうしてもデスクトップ本体とマウスが接近させられないのである。最近はBluetooth以外にもコードレスが存在するが、それを使うのも不安である。
 よって、確実な動作を追求すべく、今まで通り有線マウスを採用した。…で、形状やいかに?それはもう作者が左利きというだけで、9割は選択肢から除外されるではないか…。やれやれ、左右対称のマウスを探すのも難儀である。

架空創造地図描画日記2020[No.6603]

 三連休の間は描画作業でドットをひたすら打ち込んでいた。とはいえ、その内容をたとえるならば、RPGをプレーする際のLv上げのようなことをしていた。それが何のことなのかは説明するまでも無いだろうが、それでも書くか…。
 RPGのLv上げとは、主人公が難しい戦闘で負けるのを回避すべく、手頃なダンジョンで弱い敵との戦闘を繰り返して、経験値を積んで鍛え上げるプレースタイルである。これを地図描画作業に置き換えるとどうなるか?作者が難しい地形設定作業を攻略すべく、手頃な陸地で簡単な地形設定を繰り返して経験値を上げていた…ということになる。
 ここで手頃な陸地というのは、単純に面積の小さな陸地…すなわち離島である。今までいくつもの離島で試作を繰り返してきたものの、初期の頃に仕上げたものを今になって見返すと、我ながらどうにも違う気がする。納得いかなければそのうちリテイクを施すだろうが、ドット打ちとはそんな作業の繰り返しである。それでも今回のLv上げは地形図という"攻略本"を入手したことで、ようやく納得できるLvに達したと思われる。

架空創造地図描画日記2020[No.6604]

 地形設定から始まる、俺流の架空地図の描画作業の方法をそろそろ書き記すか…と思うこともあるのだが、ブログの記事のネタとしては尽きないにせよ、色々と難題がある。需要があれば対応するにせよ、そもそも現在この作業をやっている人間は、日本に自分一人であろう。いや、世界中を探しても他に居ないのではないかと思われる。
 他に誰一人やっていないだろうし、他人から頼まれたって地味過ぎて一日も持たずに投げ出すはずである。作者自身でさえ、やる気の継続と眠気との闘いで、気分転換を繰り返しながら続けている。それでも48ある都道府県の1つも完成できていない。いや、大都だけは既に完成済みなのだが、全領域の標高が100m未満なのだからノーカンにすべきだろう。

架空創造地図描画日記2020[No.6605]

 出先で描画作業を行うための条件は、適度な気温で雨に濡れずに座れて、それなりに長居できる場所である。屋内にベンチでもあれば最適だが、毎回変わる現場の周辺にそんなに都合よくあるわけもない。晴れた日差しの当たる公園でも可能だが、今日の天気は最悪だった。結局、モバイルPCはただの荷物になってしまった。
 そもそも今日の天気予報は、夜明け頃に雨がやんで晴れるのではなかったのか?なのに実際は夜が明けてもダラダラと雨が降り続けて、ようやくやんだ頃には仕事が半分終わっていた。その後は一時的に晴れたとはいえ、夕方になってにわか雨を食らうとは…。やれやれ、あの天気予報からこんな天気を一体誰が予想したやら!?最近の予報はどうも信用できない。まあいつも仕事に行く際は、降水確率0%だろうと傘はかばんの中に入っているのだが…。
管理人

ごとりん

  • 著者:ごとりん
  •  架空想像国家「月本國」の全国地図描画作業を地味に続けている貧乏クリエーター。このブログの毎日更新が途切れない限り、無事に生存しているものと関知して下さい。
Simulation Country GAPAN 月本國


現代和風RPG「月影の駅」Ver2
 RPGツクール2000製フリーウェア。駅から始まり駅で終わる、オトナのドライな人間模様。
 ゲーム宣伝動画配信中!

「Made in GAPAN 歩 ~Ayumu~」
 2D-RPG向け歩行グラフィック合成ソフト。当局開発の32規格8方向部品セット他、一般的な部品セットも利用可能。各使用環境に合わせた既存素材の組み直しや、顔グラ等の合成もOK。
(上記の管理人画像はこれで合成したものです。)

 「月本國」では、2D-RPG向け現代和風素材の無償配布の他、開国(平成13年12月16日)~平成17年2月28日までの過去ログ「旧月本国政府広報」を扱っています。
 又、連載物「RPG制作雑記」「徒然なる200x裏技集」(↓のカテゴリーで★が付いているもの)等のwardファイル版過去ログを扱っています。このblogの過去ログが読みにくい場合は是非御利用下さい。
ブログ内検索
カテゴリー(★:「月本國」にward版あり)
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード