FC2ブログ

架空国家創造物語2019[No.6263]

 続いて河川の設定である。日本の河川法では等級が存在し、一級河川は国、二級河川は都道府県、準用河川と普通河川は市町村で管理されるらしい。地形をざっくり設定して、樹状の水系が定まれば、後はそれぞれの線の重要度から判断して分別できるだろう。
 河川の名称だが、水源に近い上流部の支流では「〇〇沢」の名称も見られるものの、大部分が「〇〇川」で問題無い。アイヌ語では前者が「ナイ」、後者が「ペッ」であることから、「内」「別」の付く地名が東北~北海道にかけて多いわけである。固有名詞の部分は今までの議論通りで問題無いだろうが、全国屈指の大河にもなると広範囲に影響するので、慎重に考えた方がよいかもしれない。
 現実世界ではどうか?国内最長の信濃川だが、こいつは以前からかなりひねくれている名前だと思っていた。信濃は長野県の旧国名だが、信濃を流れている間はずっと千曲川を名乗っている。国境を越えて信濃を出て越後(新潟県)へ入った瞬間に信濃川に名前が変わるではないか!続いて流域面積最大の利根川はどうか?こちらは旧国名でなくオリジナルのようだが、上流から下流まで300km以上の広範囲にわたって利根を名乗る地名が見られる。上流域は群馬県利根郡で、旧利根村は利根川から離れた支流の片品川沿いにあった。埼玉県には旧大利根町、茨城県には利根町と旧新利根町…。これだけ影響力が強いと、やはり安易なネーミングはできない。

コメント

非公開コメント

管理人

ごとりん

  • 著者:ごとりん
  •  現実的世界観のRPG開発と普及を目指して、日々の生活で戦闘を続ける貧乏クリエーター。このブログの毎日更新が途切れない限り、無事に生存しているものと関知して下さい。
Simulation Country GAPAN 月本國


現代和風RPG「月影の駅」
 RPGツクール2000製フリーウェア。駅から始まり駅で終わる人間模様。オトナのドライな難易度につきお子様は十分御注意あれ。

「Made in GAPAN 歩 ~Ayumu~」
 2D-RPG向け歩行グラフィック合成ソフト。当局開発の32規格8方向部品セット他、一般的な部品セットも利用可能。各使用環境に合わせた既存素材の組み直しや、顔グラ等の合成もOK。
(上記の管理人画像はこれで合成したものです。)

 「月本國」では、2D-RPG向け現代和風素材の無償配布の他、開国(平成13年12月16日)~平成17年2月28日までの過去ログ「旧月本国政府広報」を扱っています。
 又、連載物「RPG制作雑記」「徒然なる200x裏技集」(↓のカテゴリーで★が付いているもの)等のwardファイル版過去ログを扱っています。このblogの過去ログが読みにくい場合は是非御利用下さい。
ブログ内検索
カテゴリー(★:「月本國」にward版あり)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード