FC2ブログ

現代和風RPG開発後記2019(Ver2攻略情報)[No.6352]

 ゲームの開発期間が長過ぎて脳味噌が疲れ気味なので、サイトのリニューアル作業は進んでいない。連休も明けて仕事が忙しくなるので、休憩中にモバイルPCで少しずつやることを検討している。てなわけで、ブログではしばらくの間、裏情報を連日流し続けることにする。過去ログは後で攻略サイトにまとめるとしよう。もちろんネタバレを含むことになるが、いかに明確な表記を伏せるかが難しい。尚、クリア後のスタッフルームで「作者」が流す情報と内容がかぶるだろうから、やり込みが深い人ほど周知の事実になるだろう。とりあえず1日1情報を目標にする。
 さて、FANCYのフードコートは全メニュー制覇するとLvが1上がるが、Ver2ではそれが何度でも可能になった。これに関してはスタッフルームの乗客の台詞に登場するのだが、その中で誤解を招く表記が見つかってしまったのでお詫びする。「周回プレーでメニュー消化のフラグはリセットされない」という台詞があるのだが、正確には裏コード入力で途中から周回プレーをした場合に限られる。スタッフルームを経由して最初からプレーすると、フラグはリセットされてしまうので御了承願いたい。もし今後どこかで重大なバグが発覚してVerアップをする事態になった場合には、最初からプレーする場合でもリセットされないようにすることは可能だが、さてどうなる…?

現代和風RPG開発後記2019(Ver2攻略情報)[No.6351]

 細かいミスの他、周回プレー関連の不具合も多発したので、本日Ver2.01として更新した。フォルダ名は2のままなので紛らわしいかもしれないが、旧Verは不要なので上書か削除して頂きたい。分岐によってはゲーム進行が停止する不具合も見つかったので、これはさすがに微修正どころではない。12通りすべてのENDからの周回を徹底的にテストしたので、今度こそ大丈夫だろう。
 てなわけで連休も最終日になってしまったが、周回プレーを更に迅速に進める裏情報を流すのが遅れてしまってめんぼくない。それはチカ勝ちENDからの周回を重大な選択肢の直前に戻る方法である。チカ勝ちだけで4つあるが、3と4は古いデータではバグで進めないので必ず更新して頂きたい。ていうか今まで報告が無かったのも奇跡だが、かなりひねくれたプレーが必要ということか…!?
 ではその方法を記す。前述の裏コードを入力後、「途中から周回プレー」で4つの選択肢が出るのは全END共通だが、チカ勝ちに限りそこでEscを押すと、5つめの選択肢となる重大なイベント直前のマップを選ぶことができる。そのマップへ戻ると、下右上の三方が出っ張った怪しい崖が見られるが、そこに立って下・右・上・下・右・上の順番に左回りに柵を2周調べると、ファンタジックな演出の後で更にその先のイベントへワープすることが可能である。正確にキーを操作しないと失敗するが、左へ一度出れば何度でもやり直し可能である。尚、チカ勝ちからの周回で戻らない限り、この裏技は機能しない。

現代和風RPG開発後記2019(Ver2攻略情報)[No.6350]

 途中から周回プレーを行うには、M1で登場した2つの暗証番号が必要となる。それをメモしておいて使い続けてもよいが、Ver2ではラスボス戦後から若林を後にする(ノートPCで「そろそろ出発するか」を選択する)までの間、意図的に暗証番号を任意の値に変えることが可能となった。M1のダンジョン2Fにセーブ可能なノートPCがあるが、ラスボス戦後に訪れると、セーブの他に番号を変更する機能が追加されているはずである。ちなみに、この時点でダンジョン内の害虫は駆除されて戦闘は無いので安心されたし。
 暗証番号は1Fと2Fで各4桁なので、裏コードとして順番に並べて8桁を生成する。それをENDロールが終わって「完」の文字が出たら……
 0,1=[Shift] 2,3=[↓] 4,5=[←] 6,7=[→] 8,9=[↑]
…と入力すればよい。少々ややこしいが、2468はテンキーと同じなので覚えられるだろう。てことは、例えば意図的に23456789に変えたならば、↓↓←←→→↑↑でよいわけで、自分で覚えやすい配列にできるわけである。但し、0と1だけで8桁を生成するとShiftを連打することになり、Windowsのサポート機能が作動してしまうのでやめた方がよい。旧Verでは入力に成功するとチャイムが鳴ってEnterを押す必要があったが、Ver2では入力成功でチャイムが鳴るとすぐに小休止セーブとなる。
 途中から周回プレーを続ける場合、その選択肢はすべてM1終了以降なので、最初からプレーするか、後から変えない限り、値がずっと保持される。よって、途中から周回プレーを続ける限り、同じ番号が継続して使えることになる。

現代和風RPG開発後記2019(Ver2攻略情報)[No.6349]

 修正箇所もそろそろ消えたと思われるので、サイトの更新作業を進めるとするか…。だけど裏技を明かすならば、既にスタッフルームのキャラの台詞の中に一通り書いてしまっているのである。
 もっとも、初回プレー後では明かされる数がまだ少ないし、裏技の中には周回プレーでないと発動しないものも多い。何度か周回しないと隅々まで見られないし、クリアしたシナリオによって伏せられる情報もあるので、全部バレるまでは6周ぐらいかかるのか…?さすがにそこまでプレーして頂くのも大変なので、ここはとりあえずクリアしたシナリオデータの途中(各任務終了時かラスボス戦直前)から周回プレーを行う方法を記しておく。
 その方法を率直に言うと、旧Verのスタッフルーム~周回プレー突入の方法に相当する操作を行えばよい。エンドロールで「完」の文字が出ている間に裏コードを入力すればよいのだが、Ver2ではスタッフルーム~最初から周回プレーは入力不要で必ず進めるようになった。新たに追加された機能である、途中から周回プレーを希望する場合にこの入力が必要になる。入力が成功すると、これまた新機能である小休止セーブができるので、スタッフルームをチラ見した後で一度ヤメて途中から周回プレーするのも可能である。尚、スタッフルームを経由せずともEND到達とみなされ、周回プレーの回数はカウントされるので安心されたし。

現代和風RPG開発後記2019[No.6348]

 完成公開後はエディタを使わず、一般プレーヤーと同様に周回プレーを続けているが、細かいミスが連発するとさすがに痛いものである。クリア後に周回プレーを最初から行う分には、周回プレー関連のフラグを除いて、残りはすべて初期化するので、初回プレー同然となるから問題無い。問題が連発したのは、周回プレーを途中から行う場合である。
 このシステムは構築からまだ1ヶ月も経っていない。完成直前にテストプレーの効率化を図るべく、急ぎで搭載したものである。12分岐あるENDを周回するのに時短が図られるので、通常プレーでも使えるようにした。そこで分岐の組み合わせによっては細かいミスが発生してしまい、公開後になっても数か所で直すことになってしまった。ゲームが停止するほどの重大な不具合ではないが、公式サイトでは流れ図の公開も始まった。放置するとフラグがうまく成立しなくて、流れ図の通りにいかない場合がある。
 当然ながらそこまで完璧にテストして公開すべきだったわけだが、常に納期に追われて疲弊しているプロのIT業界でさえ普通に起きることだろう。だけどそれを理由にするわけにもいかない。とうとうコモンイベントまで修正が必要になったため、修正ファイルだけで3MB超になってしまった。それにしてもデータベース(ldbファイル)だけで19MBもあるのに、圧縮率が随分高いこと…。やれやれ、感心している場合ではない。バグを撲滅するまで新しい時代を迎えられないではないか…。
 尚、現時点で最新データは5月3日15:30である。それ以前にDLした皆様は、大変お手数ながら修正願いたい。

現代和風RPG開発後記2019[No.6347]

 Ver2の更新開始から、致命的なシステムエラーは無いにせよ、細かいミスが連発しているのは実に不本意である。複数のファイルをまとめて修正するため、とうとうzipで用意することになってしまった。今のところ上書更新のみで済むのでこれで問題無いが、さすがに既存のファイルを削除する事態になることはあるまい。まだ他のサーバーに全く委託していないので、幸いにもDL数は微々たる数で済んでいるようである。今は長期休暇中で暇な人も多いだろうから、ミスが出ないようならばもう少しDL先を増やすことも検討している。ただ、どこも休業では思うようにいかないか…。
 公式サイトの更新作業も地味に続いている。今日はスクショのページが復旧した。文章ウィンドウを顔グラから歩行グラに一新したので、それが出ている画像は全修正が必要になり、ちょっと難儀な作業だった。ところでシナリオが追加されたとなると、その分のスクショは公開しないのか?それについてはネタバレの無いシーンが見つかれば検討中だが、基本的に鑑賞イベントが続くので、どうしても台詞やテキストが入ってしまう。そこでネタがバレてしまうので、思うように見つからないのが現実である。

現代和風RPG開発後記2019[No.6346]

 時代は平成から令和へ突入した。これを機にこのブログもリニューアルしたつもりだが、全然そんな感じがしないではないか…。言わずもがな、昨日の夕方まで「月影の駅」Ver2(2019リメイク版)の開発が続いていたわけである。それをどうにか平成のうちにアップしたとはいえ、現状を何かにたとえるならばどうなるか?どこかの家庭のオヤジが奮発して、膨大な費用と時間をかけて作った豪華な料理を家族みんなに振舞ったはいいが、台所は戦争の跡のように支離滅裂な状態で、結局奥さんが後片付けをやる始末…。まあそんなところだろう。ちなみに作者は現在までずっと独身なので、後始末まで全部の作業がワンオペとなる。
 てなわけで、新元号に変わったからといって、RPGツクールを封印して心機一転というわけにもいかない。GW期間中は延々と残りの作業に追われる始末となっている。何はともあれ優先すべきはゲームデータのアップだったが、それはとりあえず済んだ。次はサイトの更新作業だろう。ゲームの公式ページはもちろんのこと、ツクールや素材メインから架空創造国家メインに方向転換することになるので、ほぼ全面的なリニューアルが必要になる。GWが明ければ仕事も繁忙期に入るので、今のうちにできるだけ進めておきたい。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6345]

 何だかんだで制限時間ぎりぎりになってしまいました。DLサーバーの委託や公式サイトの更新は令和時代にずれ込みますが、とにかくリメイク作業は予告通り平成時代に間に合ったので、前述の通り公式サイトよりDLしてお楽しみ下さい。
 当局でも一般プレーヤーと同様の方法でDLしてプレーしています。いきなり強制終了して焦りましたが、いい加減なキー操作でF12に指が行ってしまったようで、一人で大ボケをかましながらもひとまず安定してプレーできています。
 今日で平成も完結、当局のツクーラー生活も事実上終了です。明日でこのブログは架空創造国家月本國メインに変更してリニューアル予定ですが、カテゴリーは引き続きゲーム関連の記事が残りそうです。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6344]

  告知

 現代和風RPG「月影の駅」Ver2(2019年リメイク版)
 平成31年4月30日 公式サイト「Simulation Country GAPAN 月本國」にて公開開始

 大変長らくお待たせ致しました。ようやく宣言できる状態に達したので、満を持して告知します。構築作業は最後のイベントで不具合が発生して本日までずれ込みましたが、ゲームフォルダ内のファイルはすべて出揃っている状態なので、最終調整を施した後、問題が無ければ、公開可能なデータファイルが御用意できる見通しとなりました。
 しかしながら、これのDLを専門のサーバーに委託するには、連休中の事情もあって即日では無理と思われるので、登録が完了するまでは暫定的に公式サイトのサーバーからのDL公開となります。配布方法に関して特に不都合は無いと思われますが、これより公式サイトではテキストの更新及びサーバーの準備作業に移行します。予告通り平成時代のうちに必ず間に合わせますので、あと1日お待ちください。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6343]

 完成直前ということで、マップの総数は194枚で確定となった。残された未完成のマップはわずか1枚、このマップのイベント構築が終われば、構築作業はすべて終わる。要するに修正箇所が見つからなければ完成ということで、いよいよ全シナリオ分岐がプレー可能となる見通しが立った。引き続き明朝まで作業続行である。
 …で残る1枚のマップだが…今から書いておくと、このマップは後で色んな意味で伝説になり得るかもしれない。2000本体を所持している人が居るならば、このマップのIDが175であることを記しておくので、後で閲覧してみるとよい。とはいえ多分イベント配置からして意味不明な暗号のように見えるだろう。ファイル容量は約2.5MB…待て待て、ツクール2000のマップデータ1個でメガ超えも滅多に無いだろうが、1枚でこの容量はデカ過ぎやしないか…!?何というか今からお詫びしておくが、当局で補助的に使用しているモバイルPCでこのマップを読み込むと、デスクトップPCに比べて読込が2秒程度遅れてしまう。20世紀のロースペックPCでない限り、特に重大な動作不良は無いとは思うのだが、そういうわけで多少の処理落ちは避けられないことを御了承願いたい。普段から数多くのゲームをプレーしている皆様ならば全く問題無いとは思うが…。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6342]

 アップロードの作業まで計算に入れるとなると、明日までにはプログラミングはすべて完了させたいところである。それでも余裕は持たせているが、後から不測の事態が起きて平成時代に収まり切れなかったら不本意なので、早めに解放されたいものである。
 寝不足を解消したことで、作業は順調に大詰めに入っている。今でも尚足りない素材が発生すれば、追加で描き足してインポートしている。最後まで妥協はせずとも、じっくり作る余裕はあるので問題無い。テストプレーの時間が短いのは懸念されるが、イベント1カット当たりでテストを何度も繰り返しているから、そこで細かいミスはすぐにあぶり出る。
 いよいよ完成は近い。今晩もこのまま朝まで作業続行である。ちょっと反則的な演出やら、構築に3ヶ月費やしたマップやら、癖のあるマップばかりが後回しになってしまったが、順を追って進めればどうにかなるだろう。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6341]

 今まで切羽詰まったかのように作業を続けていたが、この辺で総仕上げに向けてほんのちょっと息抜きするか…。もちろん残り4日以内で完成公開の見通しである。リメイクごときではろくにプレーする人など居ないように思えていたが、待って頂いている人もそれなりに居るようで、何とも有難いことではないか…。プレッシャーは全く感じていないので心配御無用である。
 平成最後の平日も終わり、いよいよ巷では10連休突入…てことは、平成時代も残りはすべて休日が続いて終わるではないか…。だけど国民が皆揃って10日間休んだりしたら国が確実に麻痺するだろう。かくして、シフト制の勤務と思われる人達が既に休みを取っているようで、道路も鉄道も市街地も休んでいる人が多かったように思えた。そういえばプレミアムフライデーとか、そんな平成の遺物もあったっけ…?
 月本國には元号も西暦も明確な設定が無いので、ゲーム内のテキストで時間軸を示すのは案外難儀なものであった。リメイク後は半永久的に放置する予定なので、ただでさえ明確に年を示してしまうわけにもいかない事情もある。ただ、今まで平成に間に合わせるようなことを散々書き続けてきたわけで、それに関しての話はクリア後のスタッフルームで触れている。ついでに令和の文字もその中には登場するが、そこではあくまで現実世界の話をしているので悪しからず。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6340]

 先に外壁から固めたことで、スタッフルームとコンプリート特典は作業完了、残るはいよいよ1分岐のラストシーンの仕上げのみとなった。とっとと終わらせたければ最短で明日未明には終わるだろうが、あまり手抜きしたくないので、もう少しかかるかもしれない。他の動作確認は一通り済んではいるが、完璧を目指すならば正直あと数日欲しい。だけどもたもたしていたら平成が終わってしまうので、手早く片付けてアップするとしよう。
 …で、大変申し訳ないが、リメイク作業によって内部システムが大幅に変わってしまったため、2008年版旧Verのセーブデータの引継ぎは正式にできなくなった。たとえ読み込んだとしても、警告文が出た後でタイトル画面に戻るシステムが組まれている。よって、エディタを開いて改竄しない限り使用不能である。たとえそこまでしても正常動作しないのでやめた方がよい。2008年版を地味にやり込んで頂いた皆様には大変申し訳なく思うが、2019年リメイク版は期待を裏切らないように作り込んだので、何卒御理解御了承願いたい。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6339]

 残りの作業はすべて把握できているものの、仕事のため作業が進められないし、寝不足が続くと長時間PCに向かうのは難しい。委託先のサーバーは連休中は休みだろうから、平成時代のうちにそちらに公開するためには、今日がリミットと考えていた。だがそれは無理なので、委託先で公開が始まるまでの間は、公式サイトのサーバーに暫定的に完成品を置く予定である。
 これだと完成直後に即公開可能なので、今の作業速度を維持すれば、平成時代には間に合うはずである。だが、DL数が正確にカウントできないので、非常事態のみを想定していた。だが現時点で既にその状態である。委託先に無理矢理間に合わせるには、十分にテストをする時間が足りない。最後の最後で慌ててボロを出すわけにもいかないし、どうせなら千載一遇の大型連休を利用して、十分な時間を取ってプレーして頂きたいものである。

現代和風RPG開発日記FINAL[No.6338]

 取説の更新作業完了。コンプリートの映像特典は、システムの試作が成功したので、これをベースに数を増やすのみである。
 最後に残った分岐は、マップ移動が暫定で全部つながっている。後はイベントを仕上げれば完了。となると、残るはスタッフルームの台詞か。明日までに終わらせたい。
管理人

ごとりん

  • 著者:ごとりん
  •  現実的世界観のRPG開発と普及を目指して、日々の生活で戦闘を続ける貧乏クリエーター。このブログの毎日更新が途切れない限り、無事に生存しているものと関知して下さい。
Simulation Country GAPAN 月本國


現代和風RPG「月影の駅」
 RPGツクール2000製フリーウェア。駅から始まり駅で終わる人間模様。オトナのドライな難易度につきお子様は十分御注意あれ。

「Made in GAPAN 歩 ~Ayumu~」
 2D-RPG向け歩行グラフィック合成ソフト。当局開発の32規格8方向部品セット他、一般的な部品セットも利用可能。各使用環境に合わせた既存素材の組み直しや、顔グラ等の合成もOK。
(上記の管理人画像はこれで合成したものです。)

 「月本國」では、2D-RPG向け現代和風素材の無償配布の他、開国(平成13年12月16日)~平成17年2月28日までの過去ログ「旧月本国政府広報」を扱っています。
 又、連載物「RPG制作雑記」「徒然なる200x裏技集」(↓のカテゴリーで★が付いているもの)等のwardファイル版過去ログを扱っています。このblogの過去ログが読みにくい場合は是非御利用下さい。
ブログ内検索
カテゴリー(★:「月本國」にward版あり)
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
RSSフィード